家の性能を表す数値がある?断熱性についても併せて紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

家の性能を表す数値がある?断熱性についても併せて紹介します!

家を建てる際、その家で快適に過ごせるよう、断熱性や気密性などの家の性能は非常に大切なポイントになります。
実際に住宅性能を表す数値は存在しており、その数値の意味を知ることで、定量的に性能を知ることができます。
そこで今回は、家の断熱性や気密性とその家の性能を表す代表的な数値についてご紹介します。

□断熱性と気密性

住宅性能を表す数値について解説する前に、まずはなぜ断熱性と気密性が家で快適に過ごすために必要なのかについてご紹介します。

断熱性とは熱を遮断する力のことです。
そのため、断熱性が高い家では、室外の環境からの影響を受けにくく、寒い季節であっても暖かい室内を実現できます。
それに加え、外の影響を受けにくくすることによって、冷暖房にかかるエネルギー量を減らせるため、省エネも実現できます。

住宅の気密性が高い家では外気が室内に入ってきにくいため、こちらも省エネ性の高い生活を実現できます。
エネルギーを節約できるため、光熱費を抑えることにも繋がります。

特に北海道は冬の寒さが厳しいため、断熱性と気密性が低いと、室内であっても外の影響を大きく受けてしまいます。
そのため、断熱性と気密性は欠かせないものになっています。

□UA値・Q値・C値とは

ここからは、家の性能を表す代表的な数値についてご紹介します。

*UA値

UA値とは、外皮平均熱貫流率のことで断熱性能の基準を表します。
室内と室外の温度差が1度ある時に、家全体で外皮(屋外の空気に触れている部材)1㎡あたりにどのくらいの熱が逃げているかを表したものです。
その数値が低ければ低いほど、優れた断熱性能であると判断できます。

*Q値

Q値とは熱損失係数のことで、これもまた断熱性能の基準を表します。
家の熱の逃げにくさを表したもので、この数値が低ければ低いほど断熱性能が高いと判断できます。

*C値

C値とは隙間相当面積のことで、気密性能の基準を表します。
家にどのくらいの隙間があるのかを表したもので、数値が小さければ小さいほど気密性が良いと判断できます。

2023年度には建築物省エネ法が改正され、北海道の場合、全ての住宅において外皮性能UA値0.46以下に適合しなければならなくなりました。
この基準は、全国で最も厳しい基準となっています。

□まとめ

今回は、家の気密性や断熱性とその家の性能を表す代表的な数値について紹介しました。
家で快適な暮らしを送るためには、断熱性能や気密性に注目する必要があります。
UA値やQ値、C値といった数値から、その性能を定量的に知ることができるため、ぜひ参考にしてください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。