新築一戸建ての床材は何がおすすめ? 人気の床材とそのメリットとデメリットを紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

新築一戸建ての床材は何がおすすめ? 人気の床材とそのメリットとデメリットを紹介!

新築一戸建てを建てる際には、床材によってその家の印象が大きく変わるため、非常に重要です。
そのため、どのようなものを選べばよいのか悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、新築一戸建ての人気の床材とその床材のメリットとデメリットについてご紹介します。

□人気の床材

日本住宅で最も人気の床材であるのはフローリングです。
フローリングとは木の板を使った床材のことであり、ほとんどの部屋がフローリングであるという家も多くあるでしょう。
フローリングには大きく2種類に分けることができ、ここではその2種類についてご紹介します。

*合板フローリング

このフローリングは2種類の中でも人気が高いです。
合板フローリングは複数の板を接着剤で張り合わせてある床材のことで、複合フローリングとも呼ばれます。
床の表面部分には、天然木や樹脂で作られたシートを貼って、デザイン性を高めています。
デザインの例としては、木目調はもちろんのこと、大理石長や柄物など一風変わったものまであります。

*無垢フローリング

無垢フローリングは天然木から取り出した木を1枚の床板に切ったものです。
このフローリングは、木そのものの魅力を生かした床材であり、天然素材ならではの表情や肌触りを楽しむことができます。

□フローリングの種類別のメリット・デメリット

合板フローリングのメリットとしては、安価で安定した品質であるため、誰でも扱いやすいことが挙げられます。
温度や湿度の変化が発生したとしても、反りや伸縮が起こりづらく、施工がしやすくなっています。
また、比較的衝撃に強いこともメリットとして挙げられます。
なにかを落としてしまったり、ペットに引っかかれたりしても、傷がつきにくくなっています。

しかしながら、天然木の風合いにかけることや一度傷がつくと再生が難しいといったデメリットが挙げられます。
そのため、木のぬくもりを感じたい方や傷がついたら補修をしたいという方には、無垢フローリングを選ぶことをおすすめします。

無垢フローリングのメリットとしては、木目の表情や肌触りを楽しむことができ、ある程度再生可能である点が挙げられます。
目や手だけでなく、香りも楽しめる点に魅力を感じる人も多くいるようです。
また、この床材は日焼けなどにより色が変わるため、その経年劣化も楽しめます。

しかしながら、メンテナンスが必要であり、施工の手間や費用もかかるというデメリットが挙げられます。
ある程度の再生は可能ですが、傷がつきやすく、また収縮性があるため、メンテナンスや施工の手間がかかります。

□まとめ

今回は、新築一戸建ての人気の床材とその床材のメリットとデメリットについて紹介しました。
人気の床材であるフローリングには大きく分けて2種類存在していて、そのどちらにもメリット・デメリットがあります。
これらを考慮して、新築一戸建ての床材を選んでみてください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。