平屋は地震に強いって本当? - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋は地震に強いって本当?

「平屋は地震に強いのか」
「平屋をさらに地震に強くするための方法が知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

平屋は複雑なつくりの家より安定していますし、地震に強そうですよね。
そこで今回は、平屋が地震に強い理由について、また、さらに耐震性を高めるためのポイントについて解説します。

□平屋が地震に強い理由について

皆さんは、平屋がなぜ地震に強いのかご存じですか。
なんとなく安定していそうというイメージをお持ちの方も多いと思います。

平屋が地震に強いということを明確に理解するために、地震に強い理由についてご紹介します。

その理由は、地震の揺れをより感じるのは1階部分より2階部分であるからです。
そのため、1階部分のみの平屋が地震に強い家として人気になりました。

しかし注意しておきたいのは、平屋であれば必ず安全というわけではないことです。
例えば、平屋であっても、柱や壁をできるだけ減らした設計のものは、強度が弱いです。

しっかりと耐震性の高い平屋を建てることで、強さを発揮するのです。

以上が、地震に強い理由についてでした。

□耐震性をさらに高めるためのポイントについて

ここまで、平屋の地震の強さについてご紹介しました。
強さの理由について明確になったのではないでしょうか。

しかし、さらに耐震性を高める方法を知っておくことで、より強度の高い平屋を建てられます。
日本は地震が多い国ですから、ぜひこちらも併せてチェックしておきましょう。

1つ目は、壁を補強したり壁を増設したりすることです。
筋交いを設けると良いでしょう。
これらによって、家を支える力が高まります。

2つ目は、柱を強化することです。
壁の強化によって、光が入りづらくなってしまうことがあります。
日当たりを重視されている方は、壁の補強より柱の補強がおすすめです。

耐震性の金具を取り付けたり筋交いを付けたりすると良いですね。

また、屋根の素材を軽くすることも大切です。
屋根からの重みによって強度が弱まってしまうことがあるからです。

家を建てる際、屋根の素材を軽いものにするということも意識しておきましょう。

以上が、さらに耐震性を高めるポイントについてでした。

□まとめ

今回は、平屋は地震に強いのかという疑問や、さらに強くするポイントについて解説しました。
平屋の強さの理由について、理解が深まったのではないでしょうか。
耐震性をさらに高める方法も参考にし、安心して住める強い家を建ててくださいね。
ご不明な点がございましたらいつでも当社へご連絡ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。