平屋はうるさい?原因と対策をご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋はうるさい?原因と対策をご紹介します!

皆さんは、平屋についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
暮らしやすい、おしゃれで憧れるとお考えの方も多いでしょうか。
しかし、うるさいのではとマイナスのイメージをお持ちの方も中にはいらっしゃると思います。
そこで今回は、平屋でうるさいと感じる原因、静かに暮らすためのポイントをお話しします。

□うるさいと感じる例

平屋がうるさいと感じる場面とは、どのような時でしょうか。
実例やうるさく感じる原因について見ていきましょう。

まず、平屋がうるさいと感じるのは室内の音が気になるケースが多いです。
足音や生活音などの室内で行動する際に騒がしさを感じる場合があります。
この音が響きやすい原因は、材質や間取りの組み合わせ、構造です。
新築の際に、防音対策を考えずにつくると、後悔する可能性があるため、ご注意ください。

次に、お子さんがいらっしゃる方やこれからお子さんを育てられる方も音が気になるでしょう。
小さなお子さんに「うるさいから静かにして」と言ってもなかなか難しいものです。
お子さんのお部屋には、断熱材を入れて防音性を保ったり、プライベート空間の防音性能を高めたりすることで工夫しましょう。

そして、屋根の形状によるものです。
屋根によって雨の音はダイレクトに室内に伝わってきます。
2階部分がないため、うるさいと感じやすいでしょう。
そのため、屋根の材質はできる限り音が響きにくい形状や材質のものを選ぶことをおすすめします。

□静かに暮らすために

せっかく購入した平屋で騒音が気になってしまえば非常に残念ですよね。
防音対策をしていても小さな音は聞こえてしまう場合があるでしょう。
そのような場合は、間取りを少し工夫すると音が響くことを和らげられます。
間取りを考える際は、静かに使いたい部屋がどこなのかを意識してください。

書斎や勉強部屋、寝室は静かな空間にしておきたいですよね。
このような場所は洗濯機の設置場所やお子さんの部屋、トイレと隣り合わせないことをおすすめします。
どうしても隣り合う場合は、クローゼットを設けるなどして、収納を設置すると音は伝わりにくいです。

また、室外からの騒音にも気をつけましょう。
道路や駐車場の近くには静かにしておきたい部屋は避けた方が良いですね。

□まとめ

今回は、平屋でうるさいと感じる原因やその対処法についてご紹介しました。
防音や吸音にこだわった上で間取りのことも頭に入れておけば、騒音が気になることは防げます。
当社では皆さんの生活がより良くなるためのお手伝いをしています。
新築購入を検討中の方は、ぜひ当社にご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。