平屋は地震に強い!強い家を建てるポイントも紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋は地震に強い!強い家を建てるポイントも紹介します!

2階建てや3階建ての住宅は、限られた土地を有効活用でき、とても便利な物件です。
しかし、最近では平屋の人気も高まっています。
その理由の一つに、耐震性の高さが挙げられます。
では、なぜ平屋は耐震性に優れているのでしょうか。
今回は、平屋がなぜ地震に強いのか、また地震に強い平屋を建てるポイントをご紹介します。

□平屋はなぜ地震に強いの?

平屋が地震に強いと言われる理由は、大きく2つあります。

1つ目は、高さがないことです。
一般的に建物は高さがあればあるほど、震動の影響を受けやすく、地震が発生した際の揺れが大きくなります。
その反面、平屋は高さがないため地震の際も揺れが小さく、建物への負担もそれほど大きくありません。
建物への影響が小さく済めば、結果的に倒壊する危険性も低くなります。

2つ目は、つくりがシンプルであることです。
2階建てや3階建ての住宅と比べて、平屋の方がシンプルなつくりになっています。
主に正方形や長方形といった形で建てられることが多く、シンプルがゆえに天井や壁、床などが家全体を支えてくれるでしょう。
そのため、地震が発生した場合も震動の力が分散され、倒壊のリスクを軽減できます。

□地震に強い平屋を建てるポイントを紹介!

次に、地震に強い平屋を建てるポイントをご紹介します。

*地盤の強度

地震に強い家を建てようとした場合、ついつい建物の構造に目が行ってしまいがちです。
しかし、地震が起きても壊れにくい家を建てるには、家を建てる地盤の強さも重要になります。
地盤の強度は場所によって変わり、揺れが伝わりやすい弱い地盤は倒壊リスクが高くなります。

その土地の地盤は家の耐震性に大きく関わるため、地盤の強度を確認することは、地震に強い家を建てる上でとても重要なポイントになるでしょう。
万が一、調査の段階で地盤が弱いと判断されたとしても、地盤強化の改良工事をすることでその土地に住宅を建てられます。

*建物のバランス

平屋は地震に強いとは言っても、建物自体のバランスが悪いとすぐに倒壊してしまう可能性があります。
特に、柱や壁が少ない解放感のある広い部屋のある平屋は、大きな地震の際には壊れてしまうケースがあります。
そのため、耐力壁の配置や間取りへの配慮をして、負荷が一点に集中しないように注意しましょう。

□まとめ

今回は、平屋がなぜ地震に強いのか、また地震に強い平屋を建てるポイントをご紹介しました。
平屋が地震に強い理由として、高さがないことやシンプルな形をしていることがありました。
しかし、平屋だからといって絶対に地震に強いとは言い切れません。
しっかりと耐震性を高い平屋を建てることが重要です。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。