平屋がうるさいと言われる理由は?対策についても紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋がうるさいと言われる理由は?対策についても紹介!

平屋を検討している方で、
「平屋はうるさいと聞くが実際はどうなのか」
「なぜうるさいと言われているのか知りたい」
このようにお考えの方はいませんか。
せっかくマイホームを購入するなら、後悔のない家づくりをしたいですよね。
そこで今回は、平屋がうるさいと言われる理由や対策についてご紹介します。

□平屋はなぜうるさいと言われるの?

なぜ、「平屋はうるさい」と言われてしまうのでしょうか。
その理由について見ていきましょう。

1つ目は、リビングとそれぞれの部屋が直結しているからです。
一般的に平屋がうるさいと感じられるのは、室内です。
特に、リビングとそれぞれの部屋が直結していると生活音が他の部屋に回りやすくなり、うるさいと感じてしまうことがあるでしょう。

基本的に家の中で最も滞在時間が長いのがリビングですよね。
そのリビングで話をしていたり家事をしたりしていると、各部屋にいる家族にその音が聞こえて時には騒がしいと感じてしまうことがあるのです。

2つ目は、屋根と居住空間が近いからです。
雨の日は雨を受け止める音がそのまま感じてしまう場合があり、うるさいと感じることがあるようです。

□平屋の音対策を紹介!

次に、平屋の音対策をご紹介します。

1つ目は、音源から距離をとることです。
室内における音が発生しやすい場所として、リビング、キッチン、トイレなどが挙げられます。
そのため、間取りを考える際に寝室とこれらの場所を離したり、廊下を設けたりすることで対策できるでしょう。

2つ目は、ドアを複数設けることです。
都合上、音源となる場所と寝室が近くなってしまった場合でも、ドアを複数設置することで音漏れを防げるでしょう。

3つ目は、防音材を使うことです。
各部屋の間の壁に防音材を取り入れることで、音漏れを軽減できます。
防音材にもいくつか種類があるので、相談して適した防音材を取り入れましょう。

4つ目は、収納スペースを上手く活用することです。
各部屋の間に収納スペースを設けることで、その分各部屋の距離が遠くなります。
また、洋服にも吸音効果があり、防音対策として期待できるでしょう。

□まとめ

今回は、平屋がうるさいと言われる理由や対策についてご紹介しました。
いくつかの理由から平屋はうるさいと言われていますが、しっかりと対策をすることで快適に過ごせるでしょう。
ぜひご紹介した対策を参考に快適な家づくりをしてみてください。
平屋を検討している方は、ぜひ当社にお任せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。