平屋を建てた後によくある後悔とは?後悔しないための確認事項も紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋を建てた後によくある後悔とは?後悔しないための確認事項も紹介!

「平屋住宅を建てた時によくある後悔には何があるのか」
新築を建てた直後は、快適な暮らしができそうでワクワクするでしょう。
しかし、それでも住み始めてから後悔してしまうことがあります。
そこで今回は平屋を建ててから後悔しやすいこと、後悔しないためのチェックポイントを紹介します。

□平屋を建ててから後悔しやすいことについて

平屋住宅を建ててから後悔しやすいことを2つに絞って解説します。

1つ目は、資金不足で広さが十分に確保できなかったことです。
平屋は、平屋特有の存在感や開放感が魅力でしょう。
しかしそれは、十分に広い土地があるからこそのものです。
そのため、予算が足りず、十分に広さが確保できないと平屋の良さを活かせません。

また、隣の家が2階以上の場合、1階しかない平屋は狭い土地だと生活空間が見下ろされるようになってしまいます。
そうなるとプライバシーが守られず、常に視線を気にしながら生活することになってしまうかもしれません。
そのため、土地の広さや周りの環境をしっかり踏まえた上で平屋を建築してください。
もし条件が厳しい場合は、プロの方からアドバイスをもらいましょう。

2つ目は、間取りが使いにくいことです。
平屋の魅力はオープンな環境ですので、壁で仕切りを作りすぎてしまうと狭い空間になります。
逆にオープンにしすぎるのも、プライバシーと生活空間を分けにくくなります。
そのため、本当にその間取りが生活スタイルとマッチしているかはしっかり確認しておく必要があるでしょう。

□後悔しないためのチェックポイントを紹介!

最後に、後悔しないために確認しておきたいチェックポイントを3つ紹介します。

1つ目は、平屋向きの土地であるかです。
ワンフロアでの広さが十分にとれるか、水害の心配はないか、日当たりや風通しは良いかなどを見ておきましょう。

2つ目は、家族が納得できているかです。
平屋は2階建て住宅と比較するとプライベートスペースをとりにくくなります。
そのため、間取りを決める際は、家族で話し合って決めることが大切です。

3つ目は、将来を見据えた設計かです。
家を建築する際は、どうしても今の生活ばかりを考えがちです。
しかし、多くの方は長い間その家で暮らす可能性が高いのではないでしょうか。
そのため、子供の成長や、夫婦の老後生活も視野に入れながら考えておくことがポイントです。

□まとめ

平屋を建ててから後悔しやすいことや、後悔しないためのチェックポイントについて解説しました。
平屋には生活動線が効率化されるなどメリットがある一方で、デメリットもあります。
後悔しないように、今回紹介した点はしっかり押さえておきましょう。
平屋住宅を建築予定方はぜひ当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。