カーポートの設置で日当たりが悪くなる?対策方法も併せてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

カーポートの設置で日当たりが悪くなる?対策方法も併せてご紹介!

屋根のあるカーポートを設置することで、大切な車を保護できます。
しかし一方で、カーポートを設置することにより日当たりが悪くなる事例があります。
そこで本記事では、カーポートの設置により日当たりが悪くなる事例についてご紹介します。
また、日当たりを考慮してカーポートを設置するポイントも併せて解説します。

□カーポートの設置により日当たりが悪くなる事例とは?

まずは、カーポートの設置により日当たりが悪くなる事例についてご紹介します。

1つ目は、リビングの窓の近くに設置してしまい、室内が暗くなってしまうケースです。
リビングの窓の近くにカーポートを設置した場合、カーポートの屋根が日光を遮ってしまうため、リビングの日当たりが悪くなります。
室内が暗くなってしまうことにより、日中でも電気をつける必要があり、光熱費がかさんでしまいます。

2つ目は、近隣の敷地内に日陰を作ってしまうケースです。
カーポートの屋根が日光を遮ってしまうことにより、自宅だけでなく近隣の敷地内にも日陰を作ってしまうことがあります。
これにより、近隣の方とのトラブルにつながってしまう可能性があります。

□カーポートは日当たりを考慮して設置しよう

上述したように、カーポートの設置により日当たりが悪くなる事例は複数あります。
そのため、カーポートを設置する際は、日当たりを考慮して設置することが大切です。
ここでは、日当たりにおける具体的なポイントについてご紹介します。

1つ目は、日光を遮らない素材の屋根材を選ぶことです。
日光を遮らない素材の屋根材を選ぶことで、カーポートを設置しても室内の日当たりが悪くなることを防げます。

2つ目は、注文住宅の設計の段階で、カーポートの位置を決めることです。
注文住宅を建てる際にカーポートの設置が決まっているのであれば、設計の段階でカーポートの位置を決め、その上で間取りを考えると良いでしょう。

3つ目は、適切な大きさのカーポートを選ぶことです。
カーポートの屋根が大きければ大きいほど、自宅や近隣の敷地の日当たり具合に影響を及ぼします。
そのため、お持ちの車の大きさに合わせて適切な大きさのカーポートを設置することが大切です。

□まとめ

カーポートを設置する場所やカーポートの屋根材によって、日当たりが悪くなってしまうことがあります。
そのため、日光を遮らない素材の屋根材を選ぶことや、事前にカーポートの位置を決めることが大切です。
当社では、ご家族の暮らしを考慮した住まいをご提案します。
注文住宅を建てる際はぜひ当社にご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。