造作洗面台を採用して後悔しないための対策法とは?メリットとデメリットもご紹介 - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

造作洗面台を採用して後悔しないための対策法とは?メリットとデメリットもご紹介

造作洗面台とは、既製の洗面台とは違い、自分の希望に合わせてオリジナルで造る洗面台のことです。
そのため、一つ一つのパーツを自分好みのデザインや形で叶えられます。
今回は、造作洗面台のメリットとデメリット、及び造作洗面台を採用して後悔しないための対策法についてご紹介します。

□造作洗面台のメリットとデメリットとは?

*造作洗面台のメリット

1つ目はデザイン性が高いことです。
造作洗面台は、各パーツの色や材質まで自由に選択できるため、こだわりをたっぷりと詰め込めます。

2つ目は間取りに合わせた設計が可能であることです。
既製洗面台の場合は既にサイズが決まっているため、そのサイズを考慮して間取りを考える必要があります。

しかし、造作洗面台は、幅や高さ、奥行きを自分で決められるため、間取りに合わせた設計が可能です。
そのため、無駄なスペースが生まれにくいという点も造作洗面台のメリットだと言えます。

*造作洗面台のデメリット

1つ目は実際の仕上がりや使い勝手が分かりにくいことです。
造作洗面台は、完全なるオーダーメイドであるため、実物が完成するまでは実際の仕上がりや使い勝手をイメージしにくいといったデメリットが考えられます。

2つ目は掃除しにくいデザインがある
造作洗面台のデザインによっては、掃除やお手入れがしにくい場合があります。
洗面ボウルとカウンターの継ぎ目が汚れやすかったり、凝ったデザインであるがゆえに水が飛び散りやすかったりすることも考えられます。

□造作洗面台を採用して後悔しないための対策法

次に、造作洗面台を採用して後悔しないための対策法についてご紹介します。

1つ目は水栓のタイプをしっかりと確認することです。
特に、朝、洗面台で髪の毛を洗いたいという方はシャワーホース型の水栓を選びたいでしょう。
そのため、必ず水栓のタイプをしっかりと確認することが大切です。

2つ目は収納スペースについてきちんと検討しておくことです。
デザインにこだわりすぎるあまり、収納棚のないタイプの造作洗面台も十分に考えられます。
その際、洗面台の周りの小物や洗剤類をどこに収納するか、しっかりと検討しておく必要があります。

□まとめ

今回は、造作洗面台のメリットとデメリット、及び造作洗面台を採用して後悔しないための対策法についてご紹介しました。
既製洗面台ではなく造作洗面台を採用する際は、デザインや色のみならず、基本的なポイントもしっかりと考慮することが大切です。
注文住宅の建築をご検討中の方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。