高気密高断熱の家に用いられる断熱材も経年劣化する?特徴も併せてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

高気密高断熱の家に用いられる断熱材も経年劣化する?特徴も併せてご紹介!

「高気密高断熱の家を建てようと思っているが悩んでいる」
新しく注文住宅を建てようと検討している方の中で、このような悩みをお抱えの方はいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、そもそも高気密高断熱の家の特徴とは何か、そして高気密高断熱の家に用いられる断熱材の経年劣化に焦点を当てて、ご紹介します。

□高気密高断熱の家の特徴とは?

まずは、高気密高断熱の家の特徴から見ていきましょう。

*高気密の家とは

高気密の家とは、外部との隙間がないように建てられている家のことです。
具体的には、精度が高めの建築材や防湿シート、気密テープなどを組み合わせて、なるべく隙間がないように建てられているのが特徴です。

*高断熱の家とは

高断熱の家とは、断熱性能の高い家のことです。
具体的には、外壁と内壁の間に断熱材を使用したり、窓に断熱性の高いガラスを採用したりすることにより、室温が外気の温度に左右されないような工夫が施されているのが特徴です。

□高気密高断熱の家に用いられる断熱材も経年劣化する!

上述したように、高気密高断熱の家では、室温を一定に保ち快適に過ごせるように、一般的に建築の段階で断熱材を使用します。

しかし、高気密高断熱の家に用いられる断熱材も、他の建築材と同じように経年劣化します。
断熱材の種類によって異なりますが、経年劣化が進むにつれて断熱の性能も低下していきます。
断熱材の劣化の原因として考えられるのは、「湿気によるカビの発生」です。

ただ、この「湿気によるカビの発生」は、断熱材の特性をしっかりと理解して施工することで最小限に抑えられます。

当社で取り扱っているHOME105という新築商品は、枠組壁工法という構造体を採用しています。
枠組壁工法は、柱や梁などを結合して建物を支えるのではなく、面と線による六面体で建物を支えているのが特徴です。

また、枠組壁工法では、断熱材だけでなく乾燥材も使用し、外壁を通気層工法にすることで、結露を防ぎ、湿気に強い構造となっています。

このように、当社は断熱材についての知識が豊富にあり、施工の段階から断熱材を用いる際の技術を共有しているため、妥協のない高品質な家の建築を実現しています。
高気密高断熱の家の建築をご検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

□まとめ

高気密高断熱の家の特徴と高気密高断熱の家に用いられる断熱材についてご紹介しました。
高気密高断熱の家を建てるのであれば、末永く安心して暮らしたいと思うでしょう。
当社では、笑顔で楽しい暮らしを多くのご家族へ提供しております。
高気密高断熱の家を建てる際は、お気軽に当社までお問い合わせください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。