• HOME
  • > 大切なお金のこと

大切なお金のこと

知って安心、お金の話。

家づくりを考えたとき、気になるのはお金のことではないでしょうか。
ほとんどの人にとって家づくりは初めてのこと。実際にかかる費用は?自己資金はいくら必要なのか?住宅ローンは?税金は?何から考えればいいの?など、わからないことだらけではないでしょうか。
家は人生で何度とない大きな買い物です。お金について学び、余裕を持った正しい資金計画を立てておきましょう。

知って安心、お金の話。

家づくりに必要なお金とは?

家を建てるために必要な資金は、建物本体価格分だけではありません。
実際にかかるさまざまな費用をご紹介します。これらの費用は、建てる家や、土地、予算によって変わってきます。

家づくりに必要なお金とは

自己資金の足りない方でも、お気軽にご相談ください

住宅ローンの借入額と自己資金の合計額が家づくりの総予算となり、この予算が総費用を上回るようにします。一般的に、自己資金は総費用の2~3割をご用意いただくのが望ましいとされています。

自己資金の足りない方でも、お気軽にご相談ください

住宅ローン返済イメージ

【例】300万円の土地に「home105」を建てた場合

土地代 建物代(home105) 合計
300万円 1,342万円 税込1,642万円
  返済例【A】 返済例【B】
ローン期間 35年 25年
自己資金 2万円 2万円
金利 3年固定金利0.7% 3年固定金利0.7%
ボーナス払い なし なし
月々 税込 44,037 税込 59,605

※わかりやすくするために[ 本体価格+土地代 ] の返済例となっています。 ※地盤改良工事費・外部給排水工事費・諸経費が別途かかります。 ※返済例は北洋銀行の提携ローン、3年固定にて設定しています。

どれだけ借りられるかではなく、いくら返せるか

借りられる金額が返せる金額とは限りません。
現在の家賃と同じ金額で住宅ローンを組み、残りをボーナス払いというのは、健全な資金計画ではありません。
収入をもとに、生活費、養育費、生命保険、家のメンテナンス費など、支出の割合を考慮したうえで、余裕を持った資金計画を立てることが大切です。

※詳しくはスタッフまでお問い合わせください

建てた後のことも、しっかり考えておきましょう

家族のやりたいことを我慢してまで家を購入することが幸せでしょうか?建てた後にかかる他の費用のことを忘れてはいませんか?この機会にライフプランも明確に考えてみましょう。

  • 子どもの教育費
  • 車の買い替え
  • 旅行
  • 生命保険
  • 家のメンテナンス費など

万が一の時でも家族を守り、マイホームに安心して住み続けられる

一家の大黒柱、世帯主に万が一のことが起こっても、団体信用生命保険(団信保険)が本人に代わって住宅ローン残高を支払います。つまり、残された家族が住宅ローンに追われるということはありません。また、賃貸住宅とは違い、家を家族に残すことができます。

団体信用生命保険(団信保険)
住宅ローンを組む際に付随する生命保険です。
住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。